いい式になりました。

終活を行なう

葬儀会場

今までとは違う!モダンでコンパクトな仏壇は価格がお手頃ですよ。核家族化が進むこれからに必須の仏壇はコチラから。

遺言作成ならこちらにおまかせください。相続などのトラブルが起こらないようにするためにも専門家がしっかりサポートしてくれますよ。

人間が人生を送る中で、非常に重要な役割を担う行事のことを「冠婚葬祭」と言います。
冠婚葬祭の「冠」は成人式や七五三など、人生における節目の祝いを指します。多くの方が、節目まで健康に過ごせたことを祝います。
そして「婚」が結婚式です。結婚式は人生の第二の門出とも言われ、生活の変化を祝う重要な行事です。子孫繁栄などの意味合いもあり、現在でも重宝されています。
「祭」は、正月やお盆など、先祖を拝むために行なう行事のことを指すことが多いです。先祖をきちんと大切にすることで、健康祈願や目標の成就などを祈ります。
そしてもう一つ重要な行事が、「葬」です。冠婚葬祭の葬は、人生の葬儀のことを指します。
葬儀は人生を締めくくる上で非常に大切なものです。葬儀を行なうことで、死者の魂を弔います。葬儀を行うことで感謝の思いを告げ、最後の別れを行います。
また、現在では葬儀を行なうことは、死を知人などの関係者に伝えるための手段としても使われます。旧友や同僚との最後の別れをするために、葬儀を行なうのです。
冠婚葬祭という言葉は昔から現在まで語り継がれており、どの行事も、廃れること無く人々の生活に根付いています。どの行事も、それほど重要視されているのです。
人生において、冠婚葬祭の行事をきちんと行なうことは、人生を健やかに過ごした証でもあるのです。節目にはきちんと祝い、最期にはきちんと葬儀で弔う、この流れが重要なのです。

終活のサポートをしてくれる相談所はこちらにあります。遺言書の作成など多くのサポートに周ってくれます。

終活とは

繋がれた手

高齢化社会と呼ばれる昨今、多くの方が行っているのが「終活」です。終活とは、自分の人生を如何にして締めくくるかを、自分であらかじめ決めておく活動のことを言い、葬儀などを自分でセッティングします。

» 詳細を確認する

葬儀の流れ

仏具と菊

人が亡くなった時に行なうのが葬儀ですが、葬儀には大まかな流れがあります。通夜、葬儀、そして告別式の違いと流れを把握しておくことが、突然の訃報への対処に繋がります。

» 詳細を確認する

仏式とキリスト教式

ろうそく

葬儀には様々な形があり、生前の信仰などに応じて葬儀の方法や作法が変わります。キリスト教徒の方の葬儀は、多くの点が仏式とは異なり、あいさつなどのマナーも大きく違います。

» 詳細を確認する

ギャラリー