メガネ

仏式とキリスト教式

ろうそく

故人を弔うために、葬儀は大切です。葬儀を行なうことで、故人を安心してあの世へとおくることが出来ます。
故人の生前の信仰によって、行なう葬儀の様式は異なります。日本で一般的に行われる葬儀の多くが仏式ですが、キリスト教を信仰している方の場合には、キリスト教に則った葬儀を行います。
しかし、仏式とキリスト教式について、違いや作法についての知識がない方もいます。
突然の葬儀で慌てないためにも、事前に各様式の手法についてしておくことが大切なのです。

仏式の場合、通夜から葬儀、告別式までの流れを行います。
その際、僧侶による読経や弔問客による焼香を行います。浄土宗や真言宗など、宗派によって読経や焼香回数に違いはありますが、それぞれが故人を弔うために様々な儀式を行います。
また、木魚や数珠の使用など、仏式ならではの道具も多数あります。仏教の慣習や考え方に則った弔い方を行なうのです。
一方、キリスト教式の場合、仏式とは方法が大きく異なります。
大きな違いが場所の違いです。仏式の場合斎場で行われることが一般的ですが、キリスト教式の場合がと、教会で行われることが多いです。
読経の代わりに牧師などによる聖書の朗読、聖歌の斉唱によって故人を弔います。
焼香の代わりに献花が行われ、故人に向けて白い花を手向けます。このように、仏式とは流れが大きく異なるのです。
葬儀を行うためには、生前から故人の信仰について理解し、正しい様式を選ぶことが大切なのです。