メガネ

終活とは

繋がれた手

近年、「終活」と呼ばれる言葉が話題になっています。
終活とは、自身の葬儀や墓のセッティングを行い、心置きなく旅立つ下準備を行なうことです。
近年では、上記の意味に加え「自身の終わり方について考え、残りの余生をどう過ごしていくか考える」ことも指します。
高齢化社会と呼ばれる現代、高齢者は年々増えています。その一人ひとりが、自分自身の最期について考えはじめているのです。

終活の一般的な活動として行われているのが、生前の葬儀のセッティングです。
葬儀には様々な様式や手順があり、その行程について自分自身で色々と工夫をしたいと考える方は多くいます。しかし、当然の事ながら、亡くなってから葬儀に関してどうこうすることはできません。
そのため、高齢者の間で、葬儀に関して生前の内に細かく下準備を行なう方が増えているのです。信仰による様式の選択や、出棺時の音楽選びなど、自分だけの葬儀にするための工夫を凝らすことが出来ます。
慈善にセッティングを行なうことは、残された遺族の負担解消にも繋がります。このようなメリットの多さが、高齢者が自分で葬儀を演出する大きな理由となっているのです。
また、葬儀だけでなく、墓の購入などを事前に済ませておく方も増えています。事前に購入することで、墓を自分好みのものにすることができる他、急な出費などの負担を軽減することが出来ます。
終活を行なうことは、本人にとっても遺族にとっても、非常に重要なことなのです。